沖縄旅行、沖縄観光、沖縄ツアーを写真で楽しむ観光旅行者をナビする情報サイト
沖縄旅行、沖縄観光、沖縄ツアーを写真で楽しむ
観光旅行者をナビする情報サイト



那覇空港
昭和8年「海軍小禄飛行場」として整備され、戦争、米軍支配を乗り越え、沖縄の窓口として国内・海外を結んでいる。

沖縄 南部

【沖縄県南部エリア】
明確な「沖縄県南部」という定義はないが、沖縄県グリーンツーリズムなどのくくりを参照すると
◇那覇市、南風原町、豊見城市、与那原町、南城市、八重瀬町、糸満市
を沖縄県南部としている。
また、上記に「浦添市」を加えて「沖縄県南部」とする場合もある。

【観光側面】
県庁所在地である「那覇市」を擁し、古都「首里」がある事、空港、港もある事から、 歴史、経済、政治、交通に基づく観光資源が豊富にある。
那覇の人気観光スポットとして
 ・首里城公園
 ・国際通り
また、南部地域は日本で唯一陸上戦が行われた地域で、近代戦争の悲惨さを未来の平和の礎として伝えるべく
 ・沖縄平和祈念堂(平和祈念公園・糸満市摩文仁在)
 ・旧海軍司令部壕(豊見城市在)
そして歴史的価値が高く、世界遺産にも登録された、
 ・斉場御嶽(南城市知念久手堅在)
といった観光資源がある。

[沖縄南部地区の観光施設]
 ・おきなわワールド 文化王国・玉泉洞
 ・沖縄アウトレットモールあしびなー
 ・琉球ガラス村
他。

【交通】
◇那覇空港…沖縄本島唯一の空の玄関であり、日本第五位の利用者数を誇るハブ空港。 国内線と国際線があり、航空自衛隊や沖縄県警航空隊、海上保安庁航空基地も併設されている。那覇市鏡水在。
沖縄県唯一のモノレール「ゆいレール」が那覇空港←→首里間を運行している。
◇泊港(とまりん)…沖縄本島と近隣離島を結ぶ海の玄関。泊ふ頭旅客ターミナル。
◇那覇新港(安謝港)…漁船が近海漁による魚を水揚げする漁港。競り市があり「いゆまち」という市場が隣接し 地元の買い物客や観光客で賑わう。毎年GWに那覇ハーリーが行われる事でも知られる。
◇那覇港…15世紀・琉球王朝時代から発達してきた那覇市通堂町にある港。

那覇空港上空を滑空する自衛隊機
那覇空港上空を滑空する自衛隊機。
ゆいレール・赤嶺駅
日本最南端の駅 ゆいレール・赤嶺駅。

沖縄 南部の地図

琉球の偉人出来事・豆知識
当間重剛 (とうま じゅうごう)
人物 - 琉球政府行政主席 -

■出身:那覇市
■京都帝国大学→那覇市長→(戦時中)大政翼賛会沖縄県支部長→那覇市長→琉球上訴裁判所首席判事→那覇市長→琉球政府行政主席→ラジオ沖縄、沖縄テレビ放送社長就任。
■3回目となる第15代那覇市長を務めた後任は、瀬長亀次郎。
■戦後:米軍統治下時代
■在任期間:1956/11/11~1959/11/10
(和暦:昭和26年~昭和29年)
沖縄の宿泊施設の紹介
…写真をクリックするとじゃらんnetに移動します。[提供:じゃらんnet]

全日空ホテルズ ラグナガーデンホテル
発展する宜野湾臨海コンベンションエリアに立つ落ち着いた大人のリゾートホテル。
【住所】沖縄県宜野湾市真志喜4-1-1 

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
海水浴百選に選ばれたビーチを有する。豊富なマリンメニュー、リラクゼーション、レストラン、ウェディングなど施設充実のハイクラス・リゾート。
【住所】沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣2260 

キャッツ イン 北谷
砂辺エリアにあり、浜川漁港越しにアメリカンビレッジの夜景を一望できる。近くには隠れ家的なお洒落なカフェなどがある。オーシャンフロント。
【住所】沖縄県中頭郡北谷町港14-14 
[ページトップへ]
沖縄旅行、沖縄観光、沖縄ツアーを写真で楽しむ観光旅行者をナビする情報サイト